不動産買取のメリット・デメリット | 株式会社東北住販 | 登米市 不動産 中古住宅

不動産買取のメリット・デメリット

不動産買取をお勧めするお客様

○早く確実に物件を売りたいお客様
○急遽、現金が必要になったお客様
○時間を掛けて不動産の売却活動が出来ないご事情のお客様
○地元の不動産業者へ売却を依頼中だが、なかなか売却が成立しないお客様
○周辺の方に知られずに不動産売却を終えたいお客様

メリット

【メリット1】即現金化
       仲介による売却の「いつ売れるかわからない」「買主保護の売買」「売却の保証・瑕疵担保責任」
       などの悩みの多い問題を、直接買取りすることでスピーディーに現金化することが可能です。

【メリット2】仲介手数料不要
       当社が直接売主様の物件を買取りますので仲介手数料がかかりません。

【メリット3】現状買取り
       当社では、売主様の不動産を現状のまま買取りします。
       仲介では、一般のお客様に好印象を与える為に、売主様の費用負担でリフォームをして販売しなけ
       ればならない場合があります。

【メリット4】プライバシーが守られる
       仲介による売却の場合、買主を探す為の度重なる室内見学や広告で不特定多数の方に宣伝をしなけ
       ればなりません。当社が直接買主になりますので、宣伝等は一切必要ありません。

【メリット5】売主様のご都合に合わせた売却が可能
       仲介の場合は、買主の都合で引渡日が決まる場合が多いのですが、売主のご都合に合せた残金決済
       や引渡しに出来る限り協力いたします。

【メリット6】売却後の面倒なアフターフォローなどが免責されます
       売却後の面倒なアフターフォローや保証、瑕疵担保責任が免責され、建物に故障等がある場合もそ
       のままでOKです。また、買主のローン特約が付されることもありませんので、解約の心配も不要
       です。

デメリット

下記のような物件の買取は、一般の仲介と比較して売却価格が低くなる傾向にあります。

◆築年数の浅いマンション・一戸建
 新しく、リフォームの必要性の低いマンション、一戸建は一般的な仲介での売却の方が有利になる可能性があり
 ます。

◆敷地の分割ができない土地の場合
 分譲地内等で、法律の制限その他条件により、敷地の分割ができない土地は、商品化が難しいため向いていませ
 ん。一般的な仲介での売却をお勧めします。